WLI-UC-GNHPをWindows10で使う方法

変な時間帯に寝てしまった筆者。寝れなくなって暇だし、10月に何も投稿していないからちょうどいいしと。

WLI-UC-GNHPってどんなやつってこんなやつです。

机の上に落ちていたWLI-UC-GNHP

==========
追記:3:20
『子機インストールCD』を使うことによって下の長い手順を踏まなくても簡単にインストールできるみたいです。
BUFFALO – 子機インストールCD
結局こっちの簡単な方で使うのか、長々と書いた方でやるのかどっちがいいんだろうか…。たぶんこっちの方なんだろうなーと。さてまた寝るか…。
==========

この無線LAN子機結構古い!古すぎるのだ!ドライバーは公式からダウンロードしてきた。

ちなみに普通にインストールすると

このWindowsには対応していません。[完了]ボタンをクリックするとインストール方法を表示します。

こんなメッセージが表示されちまいます。そりゃ『2010年11月8日掲載』と書いてるだけありますな!6年前になにしてたっけと思いながら。以下が筆者のインストール手順です。一応自己責任でお願いします。

  1. さっきダウンロードした公式ドライバー(wliucgn-211)を実行して展開します。インストール実行が開かれますが、閉じてください。デスクトップに『WLIUCGN211』というフォルダができます。
  2. 『Windows Key』か『スタートメニュー』を表示させ、『コンピューターの管理』と検索して選択してください。
  3. 『システムツール』に『デバイスマネージャー』という項目があり、それを選択します。
  4. 『ほかのデバイス』に『802.11 n WLAN』という項目があると思います。
  5. 右クリックをして『ドライバーソフトウェアの更新(P)…』を選択します。
  6. 『コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します(R)』を選択します。
  7. フォルダーの選択には先ほどデスクトップに展開された『WLIUCGN211』を選択します。あとサブフォルダーも検索にチェックを入れます。
  8. 『BUFFALO WLI-UC-GNHP Wireless LAN Adapter』が追加されます。

これで使えるようになったかと思います。ちなみに使用環境はWindows 10 x64です。

wifi.png
接続完了

デスクトップPCだからLANケーブルで繋げばよいのだけど、LANポートフルに使っちゃってるので暫定的な対策とし使ってみました。

書いてるうちに眠くなってきちゃった…おやすみ。

以上