ガイガーカウンターキットを組み立てた

ちょっとガイガーカウンターキットを借りたので組み立ててみました。RH Electronics (aka RadioHobby)から発売されているガイガーカウンターキットです。ちなみにイスラエル製。

追記:
朝数値化しているとなんかおかしい結果になっていたのでGM管を見ると極性が反対になっていました・・・(笑) そのため下記の画像は差し替えておきました。どうもすいません。

2016-07-23_003002073_416C3_iOS.jpg
Radiation Detector DIY Kit Arduino Compatible Ver. 2.01
2016-07-23_003057406_8E35B_iOS.jpg
Radiation Loggerを使ったデータ取得

部品だった時の写真を撮り忘れたので完成画像だけアップします(汗) さてRadiation Detector DIY Kit Arduino Compatible Ver. 2.01ですが後継機としてVer. 3.00が発売されているみたいです。お値段は30 USDから35 USD程度。注意としてGM管がはいっていませんのでご注意ください。ちなみに今回使っているGM管は旧ソ連製のSBM-20を使用しました。ガンマ線(γ線)とベータ線(β線)を検知してくれる優れもの。

RH ELECTRONICS – Geiger Counter Radiation Detector DIY Kit Arduino Compatible ver. 3.00 w/o GM Tube

ebay – NEW DIY Geiger Counter Kit; Nuclear Radiation Detector; Arduino Compatible

組み立て方法はRH ELECTRONICSのページにPDFがあるのでそれをダウンロードして組み立てればOK。Ver. 2.01のPDFは一番下にありますよ。

動作しているところの動画です。YOUTUBEにUPしてみました(笑)

これからArduino用のプログラムを書きたいと思ってます~!

関連

Amazon.co.jp – EasyWordMall UNO R3開発ボード USBケーブル付属 Arduinoと互換

画像

キットの大きさ
SBM-20の大きさ
Arduinoに出力する部分
部分:A
部分:B
部分:C USB Type Bでも電源供給できる
部分:D
カバーを被せるとブザーが鳴る
カバーを外すとブザーが鳴らない

 

以上

ガイガーカウンターキットを組み立てた」への1件のフィードバック

名前とアドレスは任意です。ご自由にコメントを。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中