OS無しパソコンを無償でWindows 10にアップグレード

Windows 10の無償アップグレード提供期間は2016年7月28日まで
この記事の有効性は上記期限に失効

タイトルで勘違いしてほしくないことは対象エディションのライセンスシール(コアシール)が手元にあることを前提として話を進めていきます。ライセンスシールもないのにアップグレードすることはライセンス規約に違反する恐れがあるので注意ください。HDDにWindows 7や8がない状態からインストールできると報道されました。今回紹介することはMicrosoftへ二回も確認して大丈夫とのことだったのでこれからする話には問題はないハズ!OS無しPCをアップグレードというよりほぼ新規インストールに近い形態であるといえるでしょう。

1.アップグレードが可能であるか確認する

Windows 10へアップグレードする際には対象のWindowsライセンスシールが手元になければなりません。ザックリ言うとWindows 7/8/8.1がWindows 10へのアップグレードの対象です。ただし法人向けライセンス(ボリュームライセンス)については組織の管理者等に問い合わせる必要があると思います。その辺はご注意願いたい。

ライセンスシールはノートパソコンの裏側(バッテリーを取り外してその裏側)にある場合が多いです。

PIC.jpg
ライセンスシールまたはコアシール

ほとんど黒塗りで申し訳ないのですが、このようなシールが貼っていると思います。上の画像ではWindows 7 Home Prem OAと書かれていますが、このエディションも問題なくアップグレードできるとのこと。当たり前ですが。例えば『あれA社のパソコンなのにB社のライセンスシートが貼ってある』という場合は販売業者に文句を言ってください。そもそも違反なのでそんな業者から買わないで返品した方がいいかと思います。

ここで注意ですが、アップグレードできる機体はライセンスシールの貼ってある機体のみです。異なるPCでアップグレードすることはライセンス違反になりかねませんので十分注意してもらいたい。『そうだこのシールを剥がしてアップグレードしたい機体に貼ればいいのか!』という考えももちろんダメです。

ライセンス問題をクリアーしていてもその機体がWindows 10にそもそも対応していなければアップグレードを行っても不具合が発生する恐れがあります。対象のメーカーに問い合わせることをおすすめします。まぁWindows 10が勝手にドライバーをインストールするので問題ないかもしれませんね。確実とは言えませんが。

2.アップグレードの準備

HDDにOSが入っていない状態のパソコンをアップグレード(ほぼ新規インストール)するわけですからアップグレードするためのメディアがなければお話しになりません。メディアはDVDやUSBメモリを使用してインストールすることができます。必要なメディアとしては4GB以上のDVDまたはUSBメモリです。『Windows 10 アップグレード ISO』と検索すれば簡単にMicrosoftのサイトが出てくると思います。まぁここから飛んでもいいでしょう。注意して欲しいことは正規のサイトからダウンロードすることです。今回はMicrosoftの公式サイトからアップグレードに必要なISOをダウンロードします。わけのわからないヘンテコなサイトから変なISOをダウンロードしたりしないでください。

Microsoft ソウトウェアのダウンロード – Windows 10を入手する

サイトを開くと『今すぐアップグレード』と出てきますがぐっとこらえてサイトの下にある『ツールを今すぐダウンロード』を選択してください。プログラムを起動すると、いろいろ指示されますのでそれに従ってインストールしてください。簡単なことなので説明はしません。

2015-12-07_021920357_FEC92_iOS
インストールメディア USBメモリー

私の場合は床に落ちている4GBのUSBメモリを使用してアップグレードしました。ちなみにUSBメモリでアップグレードできないタイプのパソコンもあるので注意が必要(USBメモリからのブートに対応していない機体がそもそもWindows 10を導入しても不具合を起こすだけにしか思えませんが…私の考えですがね)。対応していなければ必然的にDVDからのアップグレードとなります。

3.アップグレードを開始する

作ったインストールメディアをパソコンに差し込んだり導入したりしてください。USBブートが優先であればBIOSを設定しなくても自動で読み込んでくれます。もし読み込まない場合にはBIOSでBOOT設定を見直してください。BIOSの開き方はマニュアルを見ればわかります。機体によってはF2を連打したりF11、F12を連打したりDeleteを連打したりする場合があります。もちろん連打しなくても長押しだけとかありますのでそこらへんは任せます。

BOOT設定を終えましたか?そしたらあとは指示に従うだけです。プロダクトキーが求められた場合にはノートパソコン裏側にあるプロダクトキーを入力することで次に進むことができます。

パーティション設定は確認した方がいいでしょう。カスタムを選択して無駄なパーティションがあればすべて削除してインストールすることをおすすめします。重要なパーティションである場合削除せず残してインストールを実行しましょう。

あとは放置していればインストールが完了します。初期設定はかんたんですからここでは説明しません。

4.アップグレードを終えてやるべきこと

アップグレードを終えたら真っ先にWindows Updateを実行することをおすすめします。ついでにセキュリティソフトの導入もお忘れなく!

このご時世怖いですからね。

5.あとがき

OS無しのパソコンにWindowsを入れれることはいいことですよね。Linux入れるよりいいと思います。Yahooオークションで買ってきたOS無しパソコンにOSを導入できちゃうので安上がりにWindowsを入れることができます。私もOS無しのパソコンをオークションで購入しました。直接アップグレードできる新しい対応ビルドが出るまでLinuxを使っていましたがクラッシュしたりとヘトヘトになるばかりです。

Microsoftさんの太っ腹な今回の新しいビルド!みなさんもやってみてはいかがでしょうか!

名前とアドレスは任意です。ご自由にコメントを。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中